Headlines News :
Home » » 水戸黄門42部 第1話「お前は助さん俺は格さん」

水戸黄門42部 第1話「お前は助さん俺は格さん」

Written By 来夢 on 2010年10月11日月曜日

水戸黄門42部 第1話

 糸魚川藩のある廻船問屋から翡翠(ひすい)が盗まれた。追っ手から必死に逃げる源蔵(松本実)は、翡翠を持ったまま渓流に消えた・・・。  その頃、水戸老公(里見浩太朗)は水戸の西山荘で平和な日々を過ごしていた。水戸藩で代々祐筆を務める家柄の佐々木助三郎(東幹久)と、女忍びのお娟(由美かおる)が老公と共に暮らしている。

 そこへ、江戸の高松藩邸から書状が届く。老公は、助三郎を供に江戸へ出向き、老公の長男、頼常(よりつね)が治める高松藩で、世継ぎを巡る騒動が起きていることを知る。老公は、将軍綱吉(風間トオル)に拝謁し、亡き妻の実家を訪ねるため、甲州街道から中山道を経て、京都へ旅をしたいと願い出るが、心には高松へ向う思いを秘めていた。この時、老中の土屋相模守(小野寺昭)は、糸魚川に立ち寄って欲しいと老公に頼む。



水戸黄門 里見浩太朗 東 幹久 的場浩司

関連記事:


Share this article :

0 コメント :

Speak up your mind

Tell us what you're thinking... !

Follow by Email

 
Support : Proudly powered by Blogger
Copyright © 2011. 特盛りムービー - All Rights Reserved
Template Design by Creating Website